PADIダイブマスターコースの講習内容と概要!コース内容は知識開発・水中スキル開発・実践応用の3項目に分かれています

PADI ダイブマスターコースの講習内容



ダイブマスターコースの内容:知識開発・水中スキル開発・実践応用

 講習内容

知識開発

・トピック1 「PADIダイブマスターの役割と資質」
・トピック2 「認定ダイバーの監督」 
・トピック3 「生徒ダイバーのアシスト」 
・トピック4 「ダイバーの安全とリスク・マネージメント」 
・トピック5 「ダイブマスターが実施できるプログラム」
・トピック6 「特殊スキルと活動」 
・トピック7 「ダイビングビジネスとキャリア」 
・トピック8 「ダイビング環境への意識」 
・トピック9 「潜水理論の復習」 
*ファイナルエグザム
・緊急アシストプラン作成

水中スキル開発

*水中スキル実習
・実習1 「400m水泳」 
・実習2 「15分間立ち泳ぎ」 
・実習3 「800mスノーケルスイム」 
・実習4 「100m疲労ダイバー曳行」 
・実習5 「器材交換」

*ダイバーレスキュー
・限定もしくは海洋で実施

*ダイブスキル
・ワークショップ 
・24スキルのデモンストレーションレベルへの開発と評価
(スキンダイビングスキルも含む)
 

実践応用

*実践スキル

・スキル1 「ダイビングポイントでのセットアップと管理」 
・スキル2 「水中地図の作成」 
・スキル3 「ブリーフィング」 
・スキル4 「サーチ&リカバリーのシナリオ」 
・スキル5 「ディープダイビングのシナリオ」

*ダイブマスターが実施できるプログラムのワークショップ

・ワークショップ1
「限定水域でのスクーバ・リビュー」 
・ワークショップ2
「スキン・ダイバー・コースとスノーケリングの監督」 
・ワークショップ3
「限定水域でのディスカバー・スクーバ・ダイビング・プログラム」 
・ワークショップ4
「ディスカバー・スクーバ・ダイビング・プログラムの追加のオープンウォーター・ダイブ」 
・ワークショップ5
「オープンウォーターでのディスカバー・ローカル・ダイビング」

*実践評価 

・実践評価1
「限定水域でのオープン・ウォーター・ダイバー・コース生徒」 
・実践評価2
「オープンウォーターでのオープン・ウォーター・ダイバー・コース生徒」 
・実践評価3
「オープンウォーターでの継続教育生徒ダイバー」 
・実践評価4
「オープンウォーターでの認定ダイバー」

*プロフェッショナリズム評価
・実践応用終了までに


ダイブマスターのページへ戻る